【ご案内】スピリチュアル・カウンセリングを受付けています。詳しくは、ブログの右列[カテゴリ]>[個人セッションのご案内]
湖衣の分不相応 書道日記の新着記事

2013年09月26日

2013年7月旅行記(10)別宮・伊雑宮



伊雑宮 (5).JPG

7-9_1

二見浦の夫婦岩で日の出を拝んでからそのまま志摩方面へ向かいました。超古代史ファンやスピリチュアルな世界で以前から注目されている伊勢神宮の別宮があります。

皇大神宮(内宮)に属する伊雑宮(いぞうぐう、いざわのみや)はこれから数年の大変化の鍵を握る神社らしいのですが、そういった噂とはまったく無縁の趣で志摩国一の宮としてのどかな風景に溶け込んでいます。


伊雑宮 (3).JPG


到着したのは7時過ぎでした。こちらへは5年前に初めて参拝してから2回目。ずいぶんご無沙汰していましたが、タイミングが来るのを見計らっていたのでようやく来たなという印象です。



伊雑宮 (4).JPG


伊雑宮 (2).JPG



境内はとってもこじんまりしているのですが、全体的に必要な物が必要な場所に絶妙に配置されているのが伊雑宮の素敵なところ。社務所脇の御神木も奥の池も、歩いてすぐのところに佇むご社殿もコンパクトだからこそ濃密なエネルギーを湛えている感じです。


伊雑宮 (6).JPG


こちらは内宮とも外宮とも異なった彩りの空気を保っている聖地。強いて言えば、月読宮のエネルギーが横置きなところを縦置きにズドンと据え直した感じでしょうか。木立から見える駐車場の隣には御田植祭で有名な御神田が広がっており、そのさらに向こうから潮風が吹き抜けてきます。

そういえば、伊雑宮はもともと背後の青峰山の登山口付近に鎮座していたと聞いたことがあります。今でも登れるようなので、また機会があればぜひ山登りしてみたいです。

外宮や内宮の参拝客の多さで疲れてしまう人には、ぜひこちらの伊雑宮をはじめ伊勢市内外に点在している別宮を参詣されると、伊勢のもともとの森の雰囲気はこうだったのかとさらに癒やしが深まることでしょう。



伊雑宮 (1).JPG


〈つづく〉



posted by 湖衣 at 16:51| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。