【ご案内】スピリチュアル・カウンセリングを受付けています。詳しくは、ブログの右列[カテゴリ]>[個人セッションのご案内]
湖衣の分不相応 書道日記の新着記事

2012年08月18日

【詩】味のない平面

いよいよ
つくられた神が沈み
つくられない神が浮かぶ
長いながい陰の先はやがて錐体として先細り
角度をなくしたトタン、
千尋の暗黒の谷に
突き落ちる
夜と昼が逆がえり
下が上、上が下となるといえども
どこから見ても
ただ球形のガラスの中のことなので
明日は明日というプラカードだけが
今日と、そして今日以前のすべての過去からラベルのインクを消し去ってのっぺらぼうにし、
板ガムをぺろりと舌の短い少女が
すべてを悟った顔をしてうつろに
すべての温度とすべての陰とすべての光が消えてなくなる一点
そして
水平線から拡がる味のない波紋を
悠久の年月をかけて
ペタンコになったイルカと鯨が
泳いでいく

posted by 湖衣 at 21:29| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。