【ご案内】スピリチュアル・カウンセリングを受付けています。詳しくは、ブログの右列[カテゴリ]>[個人セッションのご案内]
湖衣の分不相応 書道日記の新着記事

2010年11月29日

”大みそか”と感謝。

071007008ns.JPG

今年はほんと神社巡りに明け暮れた一年でした。

正月2日の赤穂・大避神社を皮切りに・・・w とりあえず
思い出すかぎり書いてみようw

伊勢が5回
出雲も5回
木山神社も5回
天橋立も5回。。。

熊野が2回
高野山も2回
奈良は1回

印象深いのは、3月。。。白山の菊理姫さんと永平寺と気比神宮。。。

〜永平寺でお坊さんに怒られたり、大雪の平泉寺白山神社で滑っズボンが破けたりw

ああ、このころ、河内の楠さんとか観心寺いったなぁ。

4月。。。伊勢から熊野をまわって高野山。。。

天河に行ったの、このあたりだったかな。帰りに明日香と土砂降りの三輪山登拝しました。

5月。。。戸隠、諏訪、箱根、北口本宮と浅間大社と山宮さん

このへんで、2回、奈良の室生に行ったなぁ。

7月の誕生日が。。。真名井と琵琶湖と伊勢と名古屋。

9月。。。浅間大社、高崎、鹿島、千葉、琵琶湖も?。。。その後伊勢も行ったかもしれないw

〜これが台風が関東直撃と合せたかのように旅しました^^; 大雨で運転が怖かった。。。。

10月。。。1日に出雲。中旬に九州。幣立神宮がよかったな。

11月。。。出雲と宮島。





僕の中では、今年は明日、11月30日で終わる感じかなぁ。
なんか不思議なここち。



出会った人、離れた人。それでもひとりひとりとつながっている。

たとえ離れても、それぞれの学びを経験して、またいつかほんとうの友だちとして笑いながら再会することがきっとある。


いまは、これまで笑ったことも、泣いたことも、すべてが愛おしく感じます。


いままで、家族のことも、友だちのことも、恋人のことも、ただの知り合いのことも、言葉のニュアンスとして「好き」っていうのしかほとんど思い浮かばなかったように思うけれど、いまは、ここで、これまで出会った人を、そしてこれから出会う人を、すべて愛していたんだと、「愛しているんだ」とすなおに自分で感じることをゆるせるようになりました。

まだまだ道半ばですが、感謝ってこういう気持ちのしあわせ感をいうんですね。


教えてくれる人はすべて自分の鏡です。


変化すること、気づくことは、まったく苦しんだ果てのものではなくて一休さんが琵琶湖の未明に、一羽の烏が飛び立ったのを見て悟ったように、あたりまえの日常の中に、あるのだな。


ありがとう

ありがとう

すべてに感謝します

湖衣
posted by 湖衣 at 23:39| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。