【ご案内】スピリチュアル・カウンセリングを受付けています。詳しくは、ブログの右列[カテゴリ]>[個人セッションのご案内]
湖衣の分不相応 書道日記の新着記事

2008年01月22日

1月の関西 2日目 伊勢バスツアー(午前)

6時前に起きて、京阪出町柳に行き、そこから徒歩で下鴨神社へ。
ちょうどバス3台がやってきていたところだった。
受付の方にお金を渡すと、お菓子の入った袋とペットボトルを渡される。2台目のバスに乗り込むと、早やみんな席取りされていて、真ん中ほどの席に座った。僕の場合幅をとるので、早めに行って、一人で座る方向にしないと、一日のバスはかなりつかれるので^^;

時間がまだあったので、下鴨神社の本殿と干支の神様と、出雲井於神社(いずもいへのじんじゃ)、縁結びで有名な相生社にお参りして再度バスへ。
出発の時刻になると、全員バスの外に出るよう言われ、鳥居の外側から本殿に向かって遙拝する。さすが神社主催のバスツアーである。

バスは7時半出発。出発するとすぐ早くもバスの中はお菓子の臭いで充満。参加者の平均年齢がかなり高いバスツアーなので、そのへん食欲も旺盛、トークもいちだんと弾み、夕方頃にはずいぶん疲れた(汗

途中、草津SAと関宿ドライブインで休憩。午前中というのに、揚げ物の天ぷらやらお菓子やら大量に買い込んでいる姿を見ていると、こっちも負けじと、豚まんを買ってしまった。。。おいしかったので納得する。

最初の目的地、外宮には11時頃到着。今回のバスツアーの趣旨は両宮の特別参拝(御垣内参拝。通常は一定の寄進やお神楽の祈祷をするひとが入れる)だったので、楽しみである。

団体総勢111名なので、玉垣前に集合するだけでずいぶん時間がかかったが、まず神職からお祓いを受ける。通常の神社ではお祓いというと、大幣(白いビラビラのたくさんついたやつ)でしていただくが、伊勢神宮では、上下に蓋するように合わさったかわらけをもち、葉っぱ(おそらく榊かと)で中に入った塩を三方に撒いていた。

その後、静かに(といいたいところだが、なにせ皆さん年齢層が高いので多少騒々しく^^;)玉垣の中に進んでいく。そして、下鴨神社の神主さんが代表となって、数歩前まで進み出て、彼に合わせて参拝した。
不思議と、二礼の前にいちど深く一礼していたのは、下鴨神社のしきたりなのかどうか。

その後、また来た道をぞろぞろ大型バスの駐車場まで帰る。外宮ではお守り等を求める人もほとんどおらず、スムーズに内宮へ出発かと思いきや、一人、おじいさんがトイレから帰ってこず、出発が三十分近く遅れる(苦笑 道に迷ったのではなく、ひたすら便所で座っていた(らしい)
posted by 湖衣 at 21:32| 愛媛 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。